食事の時に使うお箸のことを知っておく

ご飯を食べるとき、使う食器としてお箸があります。
日本の棒のようなものを片手でうまく使い、食べ物をつまんだりしながら口元まで持って行くことができます。
世界中で使われているわけではなく、欧米などでは同じような食器は見られません。
欧米などではナイフやフォーク、スプーンが主流なので、日本に訪れた外国人は箸の使い方に苦労しています。
では日本だけの食器かといえばそれも違います。
元々は中国から伝わったとされます。
中国や韓国では、お箸は一般的に食事の時に使われています。
使い方も同じで、片手で持ち、上手く使って食べ物をつまみます。
では箸が伝わる前はどうしていたかですが、食べるための道具はなかったようです。
手でつかんで食べていたとされています。
手で直接つかんで食べるのは衛生的にも良くありません。
もちろん見た目も良くありません。
面倒なことからあまり浸透しなかったものの、徐々に箸を使った方が良いとのことで広まっていきます。
それが今も残されています。